読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・薄口コラム

こっちが本物(笑)アメブロでやっている薄口コラムから本格移行します。



デジタル化と情報量の減少

僕は子供達に対して、かなりのデジタル推奨派の人間です。 基本スタンスとして、スマホやパソコンといったデジタルデバイスにはどんどん触れさせてあげればいいと思っていますし、面白いゲームや便利なデジタル機器が出たのなら、どんどん使ってみたらいいと…

中国株式暴落日記〜中国株がヤバいと言われ始める今日までに起こったこと〜

この一週間、ギリシャデフォルトから国民投票、中国株式の暴落と、目の離せない話題が山積して、ブログ更新が滞っていました。 文字通り、空き時間全てを2国の動向を追うのに費やしてました(笑) 大学時代に一時期中国経済を勉強していたため、今回の株価の…

ES段階で落ちるのは100%あなたが悪い!?〜落ちないエントリーシートの作り方

巷に溢れる安っぽい記事みたいなタイトルをつけてみました。 この一ヶ月、大学生と話す機会が結構ありました。 その中でよく出てきたのが「エントリーシート」のお話。 僕自身マスコミを目指していたこともあって、結構な量のエントリーシートを書いてきまし…

批判したい人にとっては内容じゃなくて百田さんが暴言を吐いたという「事実」が大切なのだと思う。

百田さんが自民党の勉強会で「沖縄2紙を潰さないといけない」と言ったとの話。 ニュースになったときから冷静に考えてそれはないだろうと思っていました。 ここでいう「それはないだろう」は、その発言はマズイという意味でなく、さすがに記者の前でそんなバ…

インスタントお姫様〜不幸自慢で注目を集める人たち〜

とかく、最近はインスタントお姫様が増えた気がします。僕は、会った瞬間に笑顔で小噺を振ってくれるような人に会うと本当に尊敬します。 彼らはどんなに疲れていてもそういった姿を見せずに、目の前の人を楽しませようとする。 自分が不機嫌でいることで周…

普通のおにぎりを一万円で売る方法

「おにぎりを1万円で売る方法を答えよ」 採用面接での奇問にどう答えればいい?? | キャリコネニュース こんな記事を見つけたので、ちょっと真面目に考えてみようかなあと。。 ざっと記事を読んだ中に出てきていたのは、「アイドルに握ってもらう」や「一万…

ことばは絵を作る

「本を読んでいると空間は言葉だけになる」 作家の朝吹真理子さんが、「古典のすすめ」という本の冒頭で言った言葉です。 僕はこの言葉をみたとき、芥川賞を受賞した「きことわ」に、なぜ僕がここまで惹きつけられたのかが分かった気がしました。 「永遠子(…

死刑を廃止することで超凶悪な犯罪者は「捕まえられなく」なる

今年の1月に起きたシャルリーエブド襲撃事件について、面白い角度から切り込んでいる対談に出会いました。 なぜフランスは犯人を捕まえずに射殺したかという内容。 未知の敵であるISISの情報を多く持っているであろう犯人です。 本来ならば捕まえて尋問にか…

鷲田清一とファイトクラブ~身体性について~

立川談志さんが以前、戦争はどんどん人間の身体から離れつつあると言っていました。 最初は殴り合っていたのが、道具を使うようになって槍を持ってお互いに突きあうようになり、やがて鉄砲が発明されると、遠くから敵を殺せるようになる。 爆弾やミサイルが…

カンニングはしない方がいい理由を損得勘定で考える

僕は基本的にどんな些細なことでも理由がつかないと納得できない人間です。 いわゆる理屈民族。 そのため子供時代には、言うまでもなくカンニングなんてしてはいけないことと分かっているのですが、頭ごなしに「カンニングなんて駄目に決まってる」みたいに…

日本は海外企業を誘致するために高付加価値な労働力育成に力を入れる

朝起きたらSHARPのボーナスが半減という記事が載っていました。 このところ連日目にするSHARPに関するニュース。 SHARPばかりでなく、SONYの苦しい現状を伝える記事も目立ちます。 各企業の苦戦をもって、日本企業は大丈夫なのかと主張する人が多いですが、…

モテる女は加点法でオスを見る

先日倉敷の大原美術館を訪れた際、僕の前に一組の老夫婦がいました。 おばちゃんはふくよかな顔つきで、いかにも育ちがよさそうな出で立ち。 目元をみるだけで優しさが伝わるような人でした。 おっちゃんの方も黒いスーツに黒いハット、丸メガネに口ひげを蓄…

ポルシェを実質50万ちょっとで買う方法を考えてみた

車にはまったく興味のない僕ですが、高級車を安く買うにはどうすればいいか考えてみました。 購入時の価格ではなく、結果としていくら払ったのかを、ここで言う「最終価格」とします。 そのため、予め数年で中古車として売りに出すと仮定しました。 で、実際…

大学と就活を利用して軍隊をつくる

今後日本は擬似的な軍隊と、安い労働力を生み出す流れになるのではないか? まだ頭の中でバラバラに浮かんでいるだけで、全く形になっていないのですが、最近僕が考えていることです。 現在、大学の二極化が進んでいます。 上位の有名大学は相変わらずの人気…

違うレイヤーで語る人が主張を押し付けるとロクな事がないと思う

資本主義っていうゲームに対して、僕は自分なりのルール解釈をしています。 大前提が資本家と労働者という二つの選択肢があって、選択によっては膨大な努力と才能を要する場合もあるが基本的には好きな方を選択できる(制度的に不可能ではない)。 で、資本家…

社会の教科書に載る「現在」はどんな「過去」になっているのだろう?

僕はよく「もし数百年後に現在が社会の教科書に載ったらどういう説明がされるのだろう?」ということを考えます。 振り返れば激動の時代であった幕末も世界大戦時も、その時を過ごす人にとっては「当たり前」の毎日だったのではないかと思うのです。 逆に言…

なぜ私はあの人に嫌われているのか?〜人の「嫌い」を分類する〜

ゲームをプレイしたり、何かを始めようとするとき、その人の戦略の取り方で①ルールの中で戦う人②ルールを破って戦う人③ルールを使って戦う人の3つに分類できるように思います。 王道は①のルールの中で戦うことです。 もともと不正や極端な差が生まれないよう…

だから彼氏と話が合わない!?ケンカにならないための「投資趣向」の会話術

5月はゴールデンウィークがあったこともあり、色んな属性の人と話をする機会がありました。 その中でふと思ったのが、会話の楽しみ方には2種類あるのだということです。 ひとつは一緒にいる空間を楽しもうとする楽しみ方で、もう一つは話の内容に食いつく楽…

絵仏師良秀考察 | 良秀を分かってあげられる人とあげられない人

宇治拾遺物語の中に絵仏師良秀という作品があります。 高校古典の教科書に載っているので知っている方も多いかもしれません。 ある日大火事で自分の家が燃えたとき、なんとか家の外に逃げ出す事が出来た絵師の良秀。 しかし家の中にはまだ乳飲み児の良秀の子…

「うわっ、この人オタクやん!」って思われないための5つの会話術

個別授業をするときに最も大切なことのひとつが、「いかに生徒さんに心を開いてもらうか」です。 そのため、特に1番はじめの顔合わせのときは、どのようにコミュニケーションを取って行くかということに、むちゃくちゃ気を使います。 僕は大学の頃に立川談志…

勉強しても成果が出ないときの気持ちの保ち方〜2ヶ月のタイムラグを意識する〜

このところ全くブログが書けなくなって困っています(笑) 決して時間がないというわけではないのです。 単に頭の中に書くための題材が尽きてしまい書けないというだけ。。 いつもだと、朝起きて何かを書きたい内容が思いついていたり、日頃気になったことを…

「できる」と「できない」、「する」と「しない」

あまり自己啓発の類は好きではないのですが、僕は自分の中で「〜できない」という語尾を使わないようにしています。 「〜できない」ではなく、「〜しない」と言うようにする。 「できない」という言葉には、自分の責任ではなく外的要因の結果行動に起こせな…

アイスプラネット考察 |ぐうちゃんを馬鹿にする人は水たまりの美しさに気づかない

もうずっと中学校の教科書に掲載され続けている、椎名誠さんの「アイスプラネット」。 家に居候している母の兄弟(通称「ぐうちゃん」)と主人公の悠君の物語です。 ぐうちゃんは旅人。 ふっと出かけては戻ってきて、悠君に世界の広さを教えます。 口だけで1メ…

ヒャダインさんの楽曲はアイドルの体験を通して自分の痛みが伝わってくるから惹きつけられる

知っているものしか作れない。 乙一さんのzooという作品の中に入っている、(たしか)陽だまりの詩という作品がそんなテーマで書かれていたことを思い出しました。 乙一さんの作品は数作しか読んだことがないので俄かの知識でしかないのですが、生々しい描写が…

最低賃金法があっても実質の賃金は低下する!相対賃金という考え方

最低賃金法があると、あるラインより賃金が低くなることはないように感じますが、実は相対的に見ると賃金はどんどん下がってるように感じます。 相対的にというのは、周りの物価が上がっているのに対して賃金が上がらないという意味ではありません。 そうで…

人間関係が上手くいかないのは距離感を取るのが下手だから!距離感を掴む為の性格8分類

ここのところ僕がよく考えていた、人のキャラクター分類がまとまってきたので紹介させて下さい。もともと僕は人と接する時、趣味に対するアプローチの仕方と、交友関係に対する考え方で大まかに人のタイプを4分類しています。交友関係に関しては、狭く深い繋…

CD売り上げが1万枚を切ると一曲にかけられる予算は100万円以下!?

この前ふとオリコンCD売り上げランキングを見てみたら、10位くらいの所ですでに売り上げ枚数が1万枚を割っていて驚きました。 と同時に、最近のヒャダインさんや中田ヤスタカさんのような自宅で完結するタイプの音楽が注目を集めている理由について、妙に納…

ヘイトスピーチの無くし方〜活動するほどに相手が得をする構造を作ればいい

ここ数年のうちにニュースでよくヘイトスピーチを問題視する記事を目にするようになりました。 僕はブログを書く際に、ある問題に対する「〜べき論」や自分の意見ではなく、そこから考えられる事だけを書こうと決めています。 ヘイトスピーチに関しても自分…

論理的思考はただのツールでしかないということを忘れてる

よく、ロジカルシンキングが大切だということを聞きます。 もちろん論理的に考える力は不可欠だということはわかっているのですが、それはあくまで必要条件であって十分条件でない。 ロジカルシンキングは単なるツールであり、その前の段階に「ヒントを集め…

就活で面接官が読みたくなるエントリーシートの書き方⑥読みやすい文章のポイント

文章力というとどうしても上手い言い回しであったり、正しい表現であったりという技術面の話に行きがちです。 でも実際は、8割以上はその「前の段階」で決まっています。 上手い言い回しとか正しい表現というのは、あくまで仕上げでしかありません。 もちろ…

「止めたくなく」させる駐輪対策!〜100%効果が期待できる駅前の違法駐輪対策

僕の仕事先は駅前にあるのですが、その駅前は自転車の違法駐輪で溢れています。 店舗が沢山あるのに駐輪スペースが全くなく、ある程度仕方がないようにも思います。 その光景を見た時に、駅の目の前にあるビルの一階を駐輪スペースにして、2時間100円(店の利…

構造を比較するという思考法

僕は何かを考えるとき、よく物事の構造を取り出して似たものと比較するということを行います。 たとえば肉じゃがという料理について考えるとき、使っている材料も調理の流れも基本的に同じであるカレーを比較物にもってる。 完成系は全く違うけれど、材料で…

2010年代の文化論〜ダメよ、ゴレライ、ゲラゲラポーに見る語感の文化〜

ここ数年の音楽・ドラマ・お笑いなどの大衆芸能を見ていて感じるのが、「音」の芸が注目されているなあということです。音楽をみれば、きゃりーぱみゅぱみゅの「つけまつける」「にんじゃりばんばん」などの曲全般、アナ雪の「レリゴー」、SEKAI NO OWARIの…

モテないのはオタクだからじゃなく、話しがつまらないから

僕の興味のある研究トピックに「モテないオタク問題」があります。一般に、オタクというとネガティブなイメージがつきまとうけれど、本当にそうなのか。オタクだからモテないのか、モテない人にオタクが多いだけなのか。そう言った部分に言及されず、オタク…

若者の新聞離れの真実と、発行部数を上げるビジネスプラン

新聞の発行部数減少に関して、記事の質の低下が読者離れに繋がっているという意見や、権力に迎合した記事を書くから読者が離れるという意見をよく耳にします。 もちろん、実際に読んでいて質の低下や権力に迎合した記事というのは最もだと思うのですが、僕は…

僕たちはなぜ進撃の巨人に惹かれるのか?~ゼロ年代後半と壁の崩れた社会~

進撃の巨人の世界では、得体の知れない巨人がうごめく「外」の世界から、大きな壁に守られた空間の中で人類が生活をしています。 人類を守る壁はどうやって作られたのかもわからず、中で暮らす人々は壁の外の世界にほとんど関心がない。 そんな「日常」を送…

次の格差は本当の意味での「情報格差」

スマートフォンがこの1〜2年で本当に普及したように思います。電車に乗ると、ほとんど全員がスマホを出している。ブログのアクセス解析でも、スマホデバイスからのアクセスが増えてきました。スマートフォンが普及すればするほど、良い消費者を作り出すとい…

就活で面接官が読みたくなるエントリーシートの書き方③プロの文とアマチュアの文の違い

ゼミの宿題で教授から大量に論文を資料として渡されたたとします。 どれも専門用語が並び、固い内容ばかり。 そうした中に一つだけ、マンガの原稿が混じっていたら、どうでしょうか。 きっと、そんなに面白くないマンガであったとしても、それを楽しんで読ん…

ニコ動がユーザーではなくコンテンツホルダーを大切にするようになった理由を考えてみた

ニコ動のユーザーって、凄い特殊だと思うんです。もちろん変な人が集まってるというネガティブな意味ではありません。そうではなくて、特殊だと思うのは同じサービスなのに利用の仕方が全く異なる人たちによってユーザーが構成されているところ。そんなユー…

就活で面接官が読みたくなるエントリーシートの書き方②アピールとは「いろんな要素を捨てる」こと

ドラゴンボールの孫悟空に、ONE PIECEのルフィ、コナンくんやカイジや殺せんせー。 人気マンガの主人公は例外なく、強烈なキャラ性を持っています。 キャラが立つというのは、アピールポイントを上手く出していると言い換えることができます。 自己PRを格上…

多くの人が奨学金の価値を分かっていない〜奨学金の捉え方と使い方

大学に入学するに際して、奨学金を貰うかどうかで悩む人がいます。僕は奨学金を貰うための要件(内申点が一定以上である)を満たしているのなら、迷わずもらっておくべきだと思います。ほとんどの奨学金は、その利子率が非常に低くなっています。利子率がゼロ…

インセンティブがどこにあるのかを考えると色んな事が見えてくる「政治とカネ」の疑惑

僕はまったく陰謀論じみたことを信じていないのですが、政治に関して多くのことは何らかの「合理的な」理由に基づいて起こると考えています。それはもちろんスキャンダルも。スキャンダルが発生するには、①政治家側からのリークか②記者側が暴き出したという…

良い男と会うにはイケメンがいる場所に行けばいい!イケメンのタイプ別生息地

いわゆるイケメンと呼ばれる人は、3種類にわけられると思っています。一つ目がアイドル系で、二つ目がヤンキー系、そして最後が両性類系。アイドル系の代表は、ジャニーズの人たちです。爽やかさや優しさが強みで、スマイルのイメージのイケメンはここに含ま…

戦う『ひな祭り』

コンビニやスーパーに行くとあちこちに貼ってある「ひまなつり」のチラシ。ちらし寿司はもちろんのこと、中にはひなまつりケーキやらひなまつりローストビーフなるものまでが並んでいました。「ひなまつり」は、小売店にとってはめでたい日ではなくて重要な…

続・フツーに学んだら百人一首なんてつまらないに決まってる〜背景で覚える百人一首

以前書いた、好きな百人一首に対する自分なりの解釈の続きです。(前のエントリはこちらフツーに学んだら百人一首がつまらないのも無理はない - 新・薄口コラム)前回、独断と偏見で僕の好きな百人一首の解釈を書いたのですが、思いのほか数が多くて書ききれな…

「笑い」とは何か?カントから桂枝雀まで、古今東西の偉人が取り組んだ大きな課題

とっても身近なあるものだけれど、とってもとってもわからないもの。「笑う」という行為は、当にその代表例の様に思います。僕たちは面白い時は当然笑いますが、呆れた時、気が抜けた時、場合によってはキライな人の失敗を目にした時など、実に多くの場面で…

「間」という概念〜古典から現代まで続く、日本独自の「間」の伝統

「間の取り方」最近僕が大切にしている概念です。以前ビートたけしさんの「間抜けの構造」に影響を受けた概念です。いわゆる「名人」と言われる人たちは、独自の間をもっていらっしゃるということです。間抜けの構造では政治家、映画、お笑いなどの「間」を…

ゼクレアトルの祖!?〜濹東綺譚は元祖作者が作品に登場する作品

―濹東綺譚はここに筆を擱くべきであろう。然しながら若しここに古風な小説的結末をつけようと欲するならば、半年或は一年の後、わたくしが偶然思いがけない処で、既に素人になっているお雪に廻り逢う一節を書添えればよいであろう。猶又、この偶然の邂逅をし…

現代の作品に根付くオンディーヌの物語〜ポニョの母とキルアの父がさせた約束の呪い

朝のニュースチェックをしていたら偶然出てきた「オンディーヌの呪い」という言葉。夜寝てしまうと呼吸ができなくなってしまう難病の別名らしいです。オンディーヌとは、綺麗な女の姿をした水の精霊のことで、一般にはウンディーネという呼び名の方が聞き覚…

フツーに学んだら百人一首なんてつまらないに決まってる〜背景で覚える百人一首

百人一首と聞くと、どうしてもつまらないものというイメージが先行してしまいます。その最大の理由は、中高時代に無理やり覚えさせられたからだと思うんですよね。意味をそっちのけで、とにかく暗記しなくちゃいけないから、面白くないし、苦痛にしか感じな…