新・薄口コラム

こっちが本物(笑)アメブロでやっている薄口コラムから本格移行します。



日本人が大好きな「空気を読む」を細かくカテゴリーに分けてみる

「彼らを見つけ出すたびに、そっと、子共たちは、ラベルを剥がしてみる。そのことが、教師を喜ばせ、休息を伴った自らの地位の向上に役立つのを知っていたからだ。…〈中略〉…教師に意味嫌われる子供は、その方法を、知らないのだった。修得してしまえば、こ…

悪用厳禁!?メルカリでブランド服をほぼ送料のみで楽しむ裏技

いかにもネットに量産されるコピペ記事みたいなタイトルにしてみました(笑) たまには「釣りタイトル」っぽいのもいいかなあと... 僕はそもそもファッションに興味がないということと古着が苦手ということでオークションやフリーマーケットには殆ど興味がない…

aiko「カブトムシ」考察~語感で語りかける歌詞の構成とカブトムシを選んだワケ~

センター試験に代わって2020年度から始まる「大学入学共通テスト」。今年の夏に国語の例題が発表されました。そこで例題として出題されていたのは和歌の鑑賞文。その和歌が「視覚情報」であるのか、「触覚情報」であるのかというような内容でした。 この文章…

芸術を見る理由と相対的に「科学」を見るということ

「芸術って見ているヤツが自分に酔っているだけでしょ?」僕の大好きな友達がよく言っていることです。もちろん僕が芸術を好きなことを十分に知った上での発言(笑)別にケンカを売られたというわけではないですし、実際に僕自身そういう人も多いだろうなと…

サービスとしての個別指導の抱える問題点をサプライサイドとデマンドサイドから考える

前回の続きです。 ここ最近、特に個別指導の戦略について色々考えています。 大量生産大量消費からニーズの細分化に向かってきた社会の流れに違わず、教育もニーズが細分化されつつあります。 特に僕の住む京都市には全国の市町村で7番目に多い53の高校があ…

「王道」以外の、自分の得意な戦い方を知っておく

このブログはそもそもマーケティングや差別化を考えないということをコンセプトに運営しているのですが(というかそもそもただの趣味なので差別かも何もないのですが…笑)、一応僕も塾人としてご飯を食べている以上、塾の指導に関しては自分なりの差別化戦略…

2017年京都女子大学公募推薦入試11/20「唐物語」現代語訳

公募推薦が近づいてきたので京都女子大学の問題集から一本現代語訳を作りました。 内容の背景を捉えることを第一目標としているので、直訳とは若干異なるところがありますが、ご了承下さい。 また、ざっと訳したものなので、所々解釈の間違えがあるかもしれ…

テスト前日に確認したい「南の貧困/北の貧困」②「貧困」の定義を考えることで筆者の主張を追いかける

以前のエントリで、『南の貧困/北の貧困』を一言で表すと「それって本当に正しいの?」という問いかけになるという話を書きました。さすがにこの書き方だけでは何が言いたいのか分からないと思うので、実際に文章内容を追いかけてみたいと思います。『南の貧…

AO・推薦入試で周りに差をつける視点①受かる人は「顧客視点」と「コンセプト」がはっきりしている

AO入試や公募推薦の面接や志望動機について、毎年生徒さんから添削を頼まれます。添削をする際、「素材をより良くする」が僕のスタンスです。だから、まずはその生徒さんが書いた志望動機(箇条書きでも何でもいいので、まずは自身の考えたもの)を用意して…

僕たちは場に立たせようとする人に牙を向く

テレビの最大のタブーは特定の芸能プロダクションの批判でも韓国批判でもスポンサーの批判でもなく、視聴者をバカにすることである。 大分前に岡田斗司夫さんが自身の番組で語っていた言葉なのですが、本当にその通りだと思います。 芸能人プロダクションの…

テスト前日に確認したい「南の貧困/北の貧困」が難しく感じる理由と理解のしかた

高校生の現代文で登場する見田宗介先生の『南の貧困/北の貧困』。この文章のあたりから急に内容が難しくなったと感じる人も多いよう思います。もちろんいろいろな原因はあると思うのですが、最大の理由は「主張が直感的に分かりにくい」ところにあるのではな…

「名づけ」の観点から更木剣八の斬魄刀解放を読み解く〜斬魄刀に名前を「与えて」しまった死神〜

寄稿依頼を受けた記事のために、ここのところ「名づけ」というテーマで様々なマンガを読んでいました。 そちらの文章では複数のマンガを比較したために書くのをやめたのですが、「名づけ」という観点から非常に興味深いシーンがありました。 『BLEACH』の更…

僕たちは自分で思っているほど論理的ではないと思うんだ

「目の前にAとBの選択肢があります。あなたはどちらを選びますか?」本来なら他の選択肢があるはずの場面で、特定の候補を並べられると、ついついその選択肢の中から選んでしまうということがよくあります。あるいは手品の技法に、マジシャンズチョイスとい…

ムダという「努力」が価値になる

テキストを作り、学校説明会に出つつ、テスト対策を行いetc... また塾以外の関わらせてもらっていることも含めて、この二ヶ月くらいガラにもなく仕事に打ち込んでいました(笑) ほぼほぼ仕事オンリーの生活です。 で、明らかに感じるのがパフォーマンスの低下…

RADWIMPS「おしゃかしゃま」考察~仏教的・キリスト教的世界観を「解く」~

ここ最近、宗教にハマっています 笑といってもヤバイ感じの意味ではなく、純粋に物語として興味を持ったという意味です。神教、キリスト教、仏教、イスラム教etc..と好奇心の赴くままに本を読み漁っているのですが、そんな中でふとRADWIMPSの『おしゃかしゃ…

宇多田ヒカル「花束を君に」考察〜「花束を贈る」という行為に込められた想いを読み解く〜

高校生の頃、エリック・クラプトンの『Tears in heaven』を効いて以来、この曲は僕のお気に入りになりました。 もともと好きだったベートーヴェンの『ソナタ悲愴(第2楽章)』と似た空気を感じたのです。 後になって、そのころの僕には分からなかった音楽理論…

野良猫奇譚

珍しく人なつっこい我が家の飼い猫ソラ(上)と逃げはしないケド嫌悪感をあらわにする母の実家の飼い猫ナナ(下) 久しぶりに母方のばあちゃんの家に行った。 ばあちゃんの家にはナナというネコがいる。 爪を切るために病院に行けば自ら手を前に出し、お客の…

受験勉強で有利に戦うための「超」基本スキル

「受験勉強に最も有効なものは、社会人の1年目に習う超初歩の仕事スキルである」というのが僕の持論です。恐らく、普通の仕事をしている社会人の人ならば、並の高校生と同じだけの勉強量を積めば、たいていの場合行きたい学校にいけると思うのです。裏を返せ…

10年前と比べて、女の子の見た目とラーメンの味って格段に進化していると思う

日本の最大の強みは、外からパクってきたものを芸術の域まで押し上げること。 昔何かの番組でコメンテーターが言ったこの言葉に、思わず膝を打った記憶があります。 確かに、天ぷらにせよすき焼きにせよ、元は海外から入ってきたものなんですよね。 それが日…

倉木麻衣『渡月橋~君 想ふ~』考察~「想う」と「思う」の使い分けと本歌取りの意図を読む~

千早ぶる 神代もきかず 龍田川 からくれなゐに 水くくるとは (在原業平) さまざまなことが起こったという神の世界でもそんなことは聞いたこともありません、まるで唐紅のくくり染めに見えるほどに紅葉が竜田川を真っ赤に染め上げるだなんて。 百人一首の中…

「正しい」で語る人、「正しさ」で語る人。

僕はこの数年、「自分の主義主張を優先しない」を、モットーに生きています。 これは決して自分の意見がないだとか、主体的でないというわけではありません。 そうではなくて、ひたすらに「正しい」を正確に捉えたいと思っているからです。 あらゆる物事を判…

テクノロジーに最適化する

僕はテクノロジーを人間に最適化するという考え方に懐疑的で、むしろ歴史上の流れを振り返れば、大きな革命が起こったとき、人間がテクノロジーに最適化してきたという事実があると考えています。 これまでの大きな革命といえば農業革命と産業革命があります…

話上手の「作り方」

円滑なコミュニケーションは実は簡単で、僕はコミュニケーションとは相手に何かを押し付けることと自分が引き受けることのシーソーゲームであると思っています。 相手に引き受けてもらう自分の話の総量と、相手が話したい内容を引き受ける自分側の分量が等し…

オンラインサロンの最大の強みは「社会で楽しむ人」と「社会を楽しむ人」の接点を作ったところにあると思う

ここ最近、柄にもなくいろいろな人とあってしまって(?)います。笑 で、そんな人たちと話をしている中で思ったのが、「社会で楽しむ人」と「社会を楽しむ人」がいるなあということです。 本当はこれをx軸としたらy軸には「能動的な人」と「受動的な人」…

2013年龍谷大学一般入試「今鏡(藤波の中 飾太刀)」現代語訳

内容の背景を捉えることを第一目標としているので、直訳とは若干異なるところがありますが、ご了承下さい。順次赤本に全訳が載っていない古典の文章の訳をアップしていこうと思います。 ※因みに過去問は東進の大学入試問題過去問データベース から入手可能で…

SNS上での企画会議の弱点と、差別化戦略を生み出す方法

僕は何かの打ち合わせをする場合、できるだけ「顔をつき合わせたい」と思っています。 SNS上でのやり取りは、どうにも自分に向いていないと思っているからです。 簡易な連絡をしたり、人と繋がったりするのには便利なSNSですが、企画会議のようなものはやは…

七夕なので、和歌をテーマにしてAIについて考えてみた

狩り暮らし たなばたつめに 宿借らむ 天の川原に 我は来にけり ―狩をして気がつくと日が暮れてしまった。ここは天の川という名前の土地のようだから、織姫に頼んで宿を借りようか。― 一年に 一度来ます 君待てば 宿貸す人も あらじとぞ 思ふ ―織姫は一年にた…

社会に出るときに知っておきたい、自分の戦い方講座

どんな仕事であれ、一定の関わりをしていると自分の得意とする「戦い方」に出会えるように思います。 最近の僕の関心事の一つが、この闘い方論。 ビジネスでも身近な駆け引きでもそうなのですが、僕はその人が何を使って勝負するのが得意なのかで、以下の3…

AO入試で通過する小論文の書き方(準備編)

ツイッターに書いたものをまとめたので、口調がきついですが、ご了承下さい。 僕はこの数年で自分のブログに1000記事近く、塾のコラムで400記事位以上を書いている。 それこそマスコミを目指していた就活時代は原稿用紙の厚さをセンチメートルで測れるくらい…

教育現場に本当に必要なものは、労働者と資本家の機会の平等だと思う

ツイッターに書いたものをまとめたので、口調がきついですが、ご了承下さい。 最近の僕の教育に対する問題意識として、教育現場における「資本家の不在」がある。資本主義をプレイする大前提として、資本家と労働者というキャラ選択があるのだが、あらゆる教…