新・薄口コラム

こっちが本物(笑)アメブロでやっている薄口コラムから本格移行します。



10.風格と品格

いまや国民的人気マンガとなったONE PIECEのキーパーソンの一人だった白ひげ海賊団船長「エドワード・ニューゲート」は自らの部下一人を助ける為に全世界を敵に回した。
世界を敵に回しての戦争の中、見方の裏切りにあった時もそのこういうを咎めることは無く、厚い抱擁を交わした。

所詮マンガの世界だと言われればそれまでだが、やはり人の上にたつ者にはこの様な姿勢でいて欲しい。


隣国の長を見ているとその対局にいる様に思えてならない。
平常時はミサイルで周りを脅し、いざとなると世界に助けを乞う。

まだ若いせいなのだろう、白ひげの勇敢な背中と比べると、金正恩氏の背中はまだまだ小さく見える。


北朝鮮では今年五月頃から、過去最悪の干ばつに見舞われているらしい。
農家が壊滅的なダメージを受けていると国内では頻繁に報道されている。
一部からは国際社会に支援を求めているとも言われている。

不思議な国だ。
就任パレードや聖誕祭をする予算はあるのに国民を救う余力はないようだ。

「タネも仕掛けも見破られた手品見せるよ 騙されたフリしてくれる人 誰かいないかな」
Me.ChildrenがPIANO MANという曲でこう歌っている。


先日のロケット騒動(あくまでそう主張している)がなければ、あるいは援助がきたかもしれない(可能性はゼロに近いが)。
だが今となっては「騙されたフリをしてくれる人」は、、、誰もいないだろう。