新・薄口コラム

こっちが本物(笑)アメブロでやっている薄口コラムから本格移行します。



テレビが1番嫌うこと

阪急阪神ホテルズの食品誤表示事件について、テレビを見ていて思った事をまとめます。
僕が一番初めに気になってしまったのが、テレビで盛んに言われる「どれだけ食品の虚偽記載が悪いのか」とか「どのくらいその手の業界が、虚偽表示にまみれていたのか」ではなく、「お客として食べにきている人の味覚の鈍さ」でした。
偽造表記をしていた多くのホテルが、「高級食材として売り出せば、人が来るから」という理由で誤表示ないし虚偽記載をしていたと言っています。
その店のなかには、ミシュランでひとつ星を取った所まであるのだとか、、、

で、偽造が発覚したのはたしか、内部告発とかなんかだったと思います。
つまり、客は別に味の違いには全く気づいていなかったってことですよね(笑)
僕なんかもちろん味の分からない人間なんでそもそも名前見て飯食いに行こうなんて思わないのでなんとも言えませんが、本人が「これは○○っていう高級食材なんだ」って思い、味そのものの違いが全くわからず、その上で本人が満足できたなら、別にそれでいいと思ってしまうんです。

もちろん虚偽表記で不当に利益を上げていたという所にスポットを当てるなら、それは(消費者でなく)他の競合者に対して害となるので咎められるべきだと思うのですが、別にブランド力を盲信してそれに満足した消費者には特に不利益を与えていないと思うんですよね、、、
こう言うと、「消費者は本来の値段以上で食事を購入しているため、不利益だ」って言われそうなので、僕の考え方を先に書いておきます。


大抵のホテルにご飯を食べにくる消費者って、満腹感ではなく、その場の高級感を買いにきているのだと思うんです。
「そこでしか食べられない食材があって、それを食べたいから店に行く」ではなく、「高級な店で食べているという優越感を味わうために店に行く」みたいな。
ブランドのバックと同じ感覚です。
素材とかの知識は全くなくって、ただただブランド力に惹かれ消費しているだけなのです。
だったら、素材その物の価値って、どーでもいいと思うんですよね(笑)
だってそこに来る、なんちゃってセレブな奥さん達は「最高級車海老を食べる」事ではなく、「最高級車海老を食べる自分」を求めてご飯食べにきているわけなので、、、
味の違いがわからず、満足して帰るってことは、つまりそういうことでしょう?
どんなにお粗末な食材であっても、消費者が優越感を「購入」しにきていて、味の違いに気づかず満足して帰ったなら、それはもう十分価値を生み出していると思います。
そういう意味で、競合相手や高級食材を扱う業者(供給側)には大きな不利益を与えますが、需要者側にはテレビが言うほど大きな被害ではないと僕は考えます。
ひとつ強調したいのは「テレビで言うほど」というところです。

僕が今回のニュースで面白いなって思ったのは、どこに被害があったとか食品偽造がどの位悪いのかということではありません。
テレビが一貫して騙された消費者に触れていなかった点です。
もちろん食品偽造表示(誤表示)と知らずにレストランを利用した消費者は紛れもなく被害者なので、避難される事は、少しもありません。
でも、テレビやニュースをみていると、「消費者は味が分からなかったんだ」っていうところに、全く触れていないのには、なんだか違和感を感じせまいました。
逆にTwitterやニュースコメントには「味の分からない消費者」という言葉がちらほら見られます。
この違いが個人的には一番面白いなって思ったところです。

「テレビや新聞では絶対に消費者を叩かない」
考えてみれば当たり前ですよね。
マスメディアにとって、消費者(ユーザー)は命ですもん。
彼らにとって一番マズいことはユーザーにケンカ売って見向きもされなくなることなんですよね。

以前岡田斗司夫さんが「テレビにとっての最大のタブーは韓流押しでも電通批判でもなく、『ユーザー批判』だ。」と言っていたのを聞いて、成る程と思った事があります。

たしかにそうですよね。
スポンサーの批判や上層部の批判なら番組打ち切りとか、プロデューサー降板位ですみますが、ユーザー批判して見てもらえなくなったら、メディアそのものが立ち行かなくなってしまう。

そんな事を考えたら当たり前ですけど、「滅多に高級料理なんて食べない一般人なんて、安物を騙されて高級食材として食べて喜んでる」なんて言える訳ないですよね(笑)

マスメディアが前提としてユーザー贔屓に傾くっていう性格って、意外と忘れがちです。
そう言うのんを補完するって意識を持ってTwitterやブログを読むと面白いなんて思わせてくれたニュースです。

====================================
関連記事もお願いしますm(_ _)m