新・薄口コラム

こっちが本物(笑)アメブロでやっている薄口コラムから本格移行します。



みんな小保方さんが一般人だってことを忘れてる

小保方晴子氏のパロディー企画"お蔵入り騒動"に岡村隆史さんが理解を求める「何らかの形で供養する」


基本的に岡村さんを好きなのですが、この記事には思うところがあったので一言、、、
ただあくまで「記事を読んだ」事から感じたことであって、岡村さんの発言を全て見たわけではないので前後の文脈があればもっと違う内容である可能性もあります。


少し前に話題になった小保方さんをネタにして、お蔵入りになったというお話です。
CMで流れただけでオンエアされてなかったので内容がどんなものだったのかっていうことはわかりません。
だから実際の中身がわからない内容について批判することはできるわけないんです。
CMで流れるのはスポットの部分。
そこだけ見てけしからん!って鬼の首を取ったように叫ぶのは、ちょっと筋違いな気がします。

僕が気になったのは内容的なところではなく、岡村さんの「あれみたら多分小保方さんも笑ってくれるはず」というひとこと。
もし小保方さんが芸人であるならば、自分の謝罪会見を笑いに変えてもらえるということは最高のエールだと思います。
でも、小保方さんはあくまで一般人なんですよね。
芸人どころか、芸能人ですらない。

僕は自分のキャラクターを売って生きている人のことを芸能人だと思っています。
小保方さんはあくまでSTAP細胞を研究している人。
STAP細胞の論文を発表した直後、本人が「研究以外の部分で注目されて身動きが取れなくなっているので、プライベートの詮索は控えて欲しい」という声明を出しています。
つまり、小保方自身に自分のキャラクターを売ろうという考えなど微塵もなかったわけです。

あくまで彼女を芸能人のように扱ったのはマスコミと僕たち。
彼女はあくまで一般人です。
そんな一般人の小保方さんにとっては、テレビで自分の謝罪会見を笑いに変えてもらえるっていうのは、エールでもなんでもなくただの嫌がらせ。
かりにテレビでそんなもの流せば、また意図せずに自分のキャラクターを売り出すことになってしまうから。
これが芸人さんであれば、失った自分のキャラクターに対する価値を再び押し戻してもらえるので、非常にありがたい事です。
でも、初めからキャラクターを売り出す意図がない小保方さんには同じ理論を適用してはいけない。


岡村隆史さんの「あれみたら小保方さんも多分笑ってくれる」っていう発言は、小保方さんを一般人の研究者ではなく、芸能人として捉えた発言です。
そついう扱われ方をしていたのは事実ですが、それを本人が望んでいたわけではない。

一連の小保方さんの話題が必要以上に盛り上がってしまっていることの根本は、本人が望んでもいない彼女のキャラクターを僕らが騒ぎだてだことにある気がします。
ただの一般人である小保方さんが1番望んでいることは、おそらく一人歩きしてしまった世間についたキャラクターイメージが消えること。
テレビを生業にしている人にとっては、絶対に考えられないことです。

その辺の違いがテレビに出ている人にはわからないから、小保方さんがニュースになるたびにどんどん本質が霞んでしまうのだと思います。
まずは僕たちの中に「小保方さんは一般人であり、キャラクターを消費する職業の人ではない」っていう認識をしっかり定着させることが必要なのではないかと思います。
そういう意味で気になった岡村さんの発言です。


====================================
関連記事もお願いしますm(_ _)m