新・薄口コラム

こっちが本物(笑)アメブロでやっている薄口コラムから本格移行します。



AKB握手会での刃物事件は今のアイドルビジネスの転機になる

AKB48の握手会で刃物もった男が暴れて、メンバー2人と運営1人が怪我をしたというニュース。
負傷した方々の安否が気になるのはもちろんのこと、それと同時にアイドルビジネスにとってこの事件はかなり衝撃的な出来事であったように思います。

今のアイドルビジネスは、CDの特典や様々なイベントでメンバーと触れ合うことができるというような「ライブ体験」によって成り立っているように思います。
(ここでいう「ライブ体験」っていうのは会場でライブを見るという視聴型のものでなく、握手や撮影会のように、メンバーとのコミュニケーションを目的とした企画のことです。)

細かな違いはあるにせよ(あまりアイドルに興味がないので、細かな違いが分からないです。・・すんません。)、AKB48以降のアイドルのほとんどは、こうしたファンとの交流を活動の中心に置いているように思います。
リアルな交流を中心にファンを集め、そこからライブへの動員やグッズ・CD販売などの売り上げにつなげるというスタイル。

AKB以降のアイドルって、会って交流できることが前提になっているんですよね。
以下にファンと近くで交流して支持を拡大していくのかが生命線になっている。

今回の起きた刃物男乱入の事件は、ファンとの交流を前提にしている現在のアイドルビジネスにおいて、非常にまずい問題だと思います。
1番重要な活動である、ファンとの交流の部分に大打撃を与えたから。


当然、握手会を続けようと持ち物検査の強化などの対策を取ることになるでしょう。
でも、AKB規模の握手会になれば、どれだけ細かなチェックをしようとしたところで、限界があります。
空港のゲートばりにチェック厳しくすれば安全かもしれませんが、そんなのチェックに時間とコストがかかりすぎて、導入できるわけがありません。
なにより、そこまでやってしまうと、「ファンをまったく信用していない」っていう表れになってしまう。
ファンとの身近さを売りにしているアイドルにとって、それはかなりまずいことです。

また、仮に刃物などの危険物持ち込みを厳しくチェックしたとして、今度はファンにあげるものに不審物が仕込まれていたらどうするのかなど、規制強化をし始めたらきりがありません。
極端な話、プレゼント用といって包装紙に包んで刃物持ってくれば、危険物を持ち込むことだって不可能ではないわけですから。

今回の事件で1番の問題なのは、「この一件で、危険物を持ち込んで暴れられる可能性は構造的にゼロに出来ないという事を気づかせてしまった事」だと思います。
システム的にどうやったってこうした危険性を防げない以上、握手会の前に脅迫文を送ったりすれば、運営側は握手会の延期などの対応をせざるを得ません。
すごい悪質で粘着な集団が現れたら、握手会自体を出来なくさせてしまうこともできてしまうわけです。

握手会などの交流イベントができなくなってしまうと、今のアイドル業界のビジネスモデルが崩れてしまいます。
(少なくともAKBグループのCD特典モデルは成り立たない)
今回の事件によってここ数年のアイドルブームが終わりに向かうきっかけになりかねないような気がします。

そういう意味で、個人的にはかなり衝撃的な出来事でした。