新・薄口コラム

こっちが本物(笑)アメブロでやっている薄口コラムから本格移行します。



テレビ最大のタブーは韓国の悪口でもスポンサーの悪口でもなく、視聴がバカだと言うこと

<依存症>多い日本 ギャンブル536万人 厚労省研究班 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース
だからカジノ設置はやめた方がいい、だから仮にカジノを作っても日本人は禁止にした方がいいという話に持って行きたそうな記事ですが、対策が違っているように思います。
現在の日本人にギャンブル依存症の人が多いのは、パチンコ屋がたくさんあるから。
であるならばギャンブル依存症の解決方法はカジノを設置しないことではなく、パチンコ屋をなくすことのはずです。
極端な話、パチンコ屋を全部なくしてカジノを数件作った方が、単純にギャンブルができる場所が減るという意味でもギャンブル依存症の率は減るのではないかと思います。
カジノ法案に反対して、パチンコ屋の撤廃を主張しないのは、なんか違う気がします。

もう一つ、カジノには日本人が入れないようにすべきという意見がでているそうですが、これも僕は反対。
ようは、ギャンブル依存症になって困る人たちが入れないようにすればいいだけのはず。
データを見たわけではありませんが、ギャンブル依存症が問題視されるのは、低所得者層の人たちだと思います。
極端な話、年収数千万円の人が仮にパチンコにはまったとして、経済的な問題はあまり起こらないはずです。
明確に言われているわけではありませんがパチンコのターゲットが低所得者層であるのに対しカジノのターゲットは富裕層です。
そもそもギャンブル依存症になって経済的に困る人たちはターゲットに含まれていない。
だったらいっそ、入場料を何万円かとってしまい、普通の収入の人が毎日入り浸ることができないようにしてしまった方がずっと効率がいいと思います。
ギャンブル依存症を防ぐためにカジノ設置に反対っていうのんは、この辺の「ホンネ」を隠して言っているようにみえてしまいます。

ギャンブルについて本格的に話そうとすると、どうしてもパチンコ利権や貧乏人と金持ちの格差の問題に切り込むことになります。
パチンコ屋はテレビのスポンサーに、貧乏人と金持ちの格差の話はテレビの視聴者に反感を持たれるから自然とタブーにされる。
(テレビで1番のタブーは韓国の悪口でもスポンサーの悪口でもなく、視聴者をバカにすること)
そうするとカジノというお金持ちの娯楽は絶好の批判対象になってきます。
カジノ設置に反対する記事の多くが、こういった「無意識のタブー」のようなものを隠した上で論じられているように思えて、いつも違和感を感じます。