新・薄口コラム

こっちが本物(笑)アメブロでやっている薄口コラムから本格移行します。



優秀な学生専門の就活サイトを考えてみた

今の就職活動をみていると、大きく二極化しているように思います。
幾つも内定を手に入れることができる人と、何十社と受けて苦戦する人。
1部の優秀な学生には引く手がたくさんあつまって、その他の多くの学生は自分から売り込まなければ見向きもされない状態。
リクナビにしろマイナビにしろ、想定されている学生は後者の何十社も受ける人たちです。
思い切っていろんな企業からお呼びがかかるような学生をターゲットにした就活サイトみたいなの作ってみたら面白いのではと思うんです。

イメージとしては、全てのフローを反転させる感じ。
具体的には企業が学生を探すサイトです。
通常の就活サイトは、学生が企業名を検索して会社の情報を手に入れます。
これを、逆転させる。
自分の情報を載せたい学生がまず就活サイトに申し込みをします。
審査なりを経て、一定の基準を満たしていたら自分の情報は志望している業種を掲載してもらえる。
で、そのサイトを見ることができるのは企業の人だけ。
学生側には他の学生を検索する機能はつけません。
(そもそもつけるメリットがないですし、悪用されるのがオチなので)
企業の人事の人が会員にになり、学歴・TOEICスコア、或いは性格や備考欄のキーワード検索みたいなので、自分たちが求めている学生を検索できるようにしておく。
例えば企画力がある人を求めているのなら「法人 立ち上げ」みたいな感じで検索できる。

登録した学生側は、自分のページを何人の人が見たか閲覧数がわかるようにしておき、そこのページコンテンツは自分で充実させることができるようにしておきます。
自分でコンテンツを充実できることで、より学生を検索する側の企業にとってもその人の個性を見やすくなると思うのです。
気になる学生がいたら、簡易チャットで連絡ができるようにしておきます。
そのやりとりでピンときたら実際に面接。


マネタイズに関しては、学生と企業の両方から会員登録費をもらいます。
学生の側は登録前の審査時に5000円くらい。
このくらいの値段にしておくと、はなから望みがない学生は登録しなくなります。
ある程度金額的な敷居を設けることで、登録者は減りますが、その分質の高い学生が集まると思うのです。
企業の側は月額支払い及び、面接のアポを取った時点で紹介料としてお金をもらいます。
アポを取った所でお金をもらうことで、とりあえとりあえず全員呼び出して面接みたいに、学生の不利になるような事をされるのを防ぎます。
あくまでコンセプトは売り手市場の学生専門就活サイトなので、、


学生が企業を探すのではなく、企業が学生を探せるサイト。
結構ニーズがあるように思うのですよね。
少なくとも今の就活システムよりは最適化できている気がします。
今の就活サイトって、○○業界専門就活サイトみたいに企業側のターゲットを絞ったものは結構あるのですが、学生側のターゲット絞るということは全くされていないように思います。
だったら、思い切って学生の側を絞った就活サイトもありな気がします。
どこかの企業さんで作ってくれないかなあ。。

・・・まあ、むっちゃ叩かれると思うけど(笑)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
関連記事です。よかったらこちらもご覧下さい。