新・薄口コラム

こっちが本物(笑)アメブロでやっている薄口コラムから本格移行します。



人が努力をする理由

努力を何のためにするのか?
自己啓発や精神論が大嫌いな僕が、唯一受験生に話す内容です。
今年は中3生を持っていないので言う機会がありません。
だから、不特定多数の受験生に向けて、ちょっとしたメッセージ。

努力すれば夢は叶うっていいますが、大抵の場合努力なんて報われない事の方が普通な気がします。
あいつら本当に気まぐれだから、僕らを平気で裏切る。

すごーく長い時間と機会を努力に費やしても、それが無駄になるのは一瞬です。
よく努力した過程が大切だっていうけれど、そんなの報われない努力をした人生の先輩が、自分の努力を正当化したくて言ってるだけ。
努力なんて夢を叶えるためのツールに過ぎないし、そんな代物に過度の期待をかけたところで何も生まれません。
少なくとも僕は、努力が尊いとも特別な価値があるものだとも思っていません。

金・コネ・環境・運・努力etc...
夢を叶えるためのツールには幾つかあると思います。
努力はその中の一つにすぎない。
しかも誰もが自由に使うことができる分、それを使って夢を叶えるには大きなエネルギーが必要です。
正直なところ、努力って凄く燃費の悪い手段だと思います。
他の選択肢を選べるのなら、絶対にそっちを使った方がいいに決まってる。

じゃあ僕は努力なんていらないと思っているのか?
矛盾するように聞こえるかもしれませんが、それははっきりノーと答えます。
報われないことが多いけど、それでも努力はすべきだと思う。

努力は夢を叶えるための手段に過ぎないと言いましたが、一つだけ他の選択肢にはない効果が努力には内包されています。
不安を和らげる力です。
試験会場に行ったとき、緊張がない人なんて存在しません。
その1日に自分の人生がかかってるわけなので当然です。
ここで失敗したらどうしよう?
そんな不安に押しつぶされそうになったとき、「自分はこんなにやったんだ」「これだけの準備をしたのだから」という、努力の足跡だけが緊張した自分を支えてくれます。
これはお金とかではなく、努力にしかできないこと。

努力が本当に役に立つのは、ほんの一瞬試験会場で不安を和らげる時だけです。
でも、その一瞬自分を支えるためだけで十分努力する価値があると思います。
どんなに友達と支え合ってがんばっていても、お母さんやお父さんに支えられていたとしても、試験会場ではひとりです。
テスト開始の合図がなったら、支えてくれる他者は存在しません。
そんな時にずっと支えになってくれるのが、自分のしてきた努力のあしあとなのです。

僕は正直、挫折ばかりしてここにいます。
バカみたいに努力して、その度に一瞬で裏切られて。
それでもそれしか手段が思いつかないから、毎回努力をするしかない。
そんなだから、努力の無慈悲さや敗れるときの呆気なさは、人より知ってるつもりです。
少なくとも皆さんより。

そんな僕が未だに懲りずに努力をしてしまうのは、勝負の時に心の支えがあることが、いかに自分を救ってくれるかを知っているからです。
夢は努力したら叶うなんて、そんなポップなことは言いません。
僕がそんな事をいったところで、凄く空虚に聞こえることは分かっているから。
努力したところで、欲しいものが手に入る確率なんて、実は高くありません。
それでも勝負の時に支えてくれるものがあるのとないのでは、心の持ちようがまるで違うはずでしょう。
それだけでも十分価値がある。

夢を叶えるためなんていう、青臭い理由でなくていいと思う。
本番の緊張に負けそうになる自分を支えるためっていう、酷く後ろ向きな理由でいい。
試験のその日まで、できるだけの努力をして下さい。
その努力だけが、試験会場で自分を支えてくれるはずです。

失敗するのが怖いなら、失敗は僕たちや周りのせいにすればいい。
成功したら、自分の実力だって大声で言い張って下さい。
皆さんの成功をかげながら応援しています。

f:id:kurumi10021002:20150128004343j:plain