新・薄口コラム

こっちが本物(笑)アメブロでやっている薄口コラムから本格移行します。



今考えている新しいコンテンツの構想

お正月くらいから、飲みの席でいつも友達に「今度インタビューさせて!」と声をかけています。
内容は、大学での勉強と仕事について。
字面にするとお堅い感じになってしまいますが、実際は非常にゆるく、その学部でできることの「リアル」や、その仕事の「リアル」を聞こうといった感じです。
就活サイトを見れば先輩の声はありますし、受験サイトを見れば大学の説明はいっぱいあります。
でも、そこに書かれているのはすごく志の高い部分、仕事や大学についての「上澄み」みたいな部分だけに感じるんです。
なんというか、きれいすぎる。
読んだ印象が一度殺菌消毒されているように感じてしまうのです。
そうではなくて、もっと生の声として大学や仕事について紹介したい。
もちろんそれは悪口を書こうとか、仕事の大変さを強調しようというわけではありません。
ただ、大学入試を控えた子供たちの進路相談に乗ったり、大学の後輩の就活の話を聞いていると、あまりに仕事や大学に期待をかけ過ぎているように感じるんですよね。
大学や仕事場でやれることは確かに多いのですが、それはあくまで自分が行動すればいろいろできるという前提。
そこに入れば自動的にできるというのとは違います。
そういった大学や仕事に対する想像って、僕は「殺菌された情報」から形成されると思うんです。
そして、基本的に仕事や大学を調べようとしたらそういう情報しかない。
実際の大学がどういうところなのか、実際の仕事とはどういうものなのかということを知りたかったら、先輩を伝って聞きに行くしかありません。
生の声は利害関係を生む場では、コンテンツにできないと思うのです。
だったらそういうコンテンツって、ブログで紹介する価値があるのではないか。
そんな風に思って、少しずつ構想を練っています。

このブログで書くか、塾のブログのコンテンツにするか、それともWebページに枠を設けるか、或いは全く違う形にするのか。
細かなことは全くきまっていないのですが、着々と準備を進めています。
受験生や就活生にとって「そんな選択肢もあるんだ」という、人生設計の選択肢もを増やすコンテンツを作る。
僕の今年の目標のひとつです。

アイキャッチは僕がブログを書くきっかけになったみつしろさんの「就活ゲーム」

就活ゲーム(完全版)

就活ゲーム(完全版)