新・薄口コラム

こっちが本物(笑)アメブロでやっている薄口コラムから本格移行します。



2.大黒柱と縁の下

オリコン調べの女性が考える理想のお父さん一位はキムタクだった。
全国のお父さんにはいささかハードルが高すぎる気がする。
一方で男性が考える理想のお父さん一位には所ジョージが選ばれた。
こちらなら髪型くらいはなんとかなるかもしれない。

六月三週目の日曜日である本日は父の日である。
生憎の雨模様だが外出しづらい分、かえって父にとって身体を休めるいい天気なのかもしれない。

父の日の起源は、20世紀初めのアメリカワシントン州にあるとされる。
ワシントン州スポケーンのソノラ・スマート・ドットという女性が、彼女を男手1つで自分を育ててくれた父を讃えて、教会の牧師にお願いして父の誕生月である6月に礼拝をしてもらったことがきっかけと言われている。
どうしても母の日と比べないがしろにされやすい父の日だが、その歴史は意外と古い。

父と母を比較して見ると、父ばかり損な役回りに見えてしまう。
一家の大黒柱とは名ばかりで、その実は縁の下の力持ちということがほとんどだ。
母親が腹を痛めて私たちを産んでくれたのなら、父親は私たちに背を向けつつも身を盾にして家族を守ってくれているのだということをわずかばかりでも心に留めておきたい。

現在はコンクリート住宅が増えてきて、大黒柱が姿を消した。
今日くらい縁の下に目を向けて、影で私たちを支えてくれている存在に感謝してみてもいいかもしれない。