新・薄口コラム

こっちが本物(笑)アメブロでやっている薄口コラムから本格移行します。



7.沈黙と責任

ライオンが森のなかを歩いていると、ワナにかかってしまい、人間に捕まってしまった。
オリに閉じ込められたライオンの前にキツネが現れ「いつもエラそうにしてたクセに簡単に捕まるなんて君は馬鹿だ」と罵った。
キツネにバカにされたライオンはこう思った。
「世の中、運の悪いことがあると、それにつけ込んでひどいことをいってきたり、バカにしたりする者が出てくるものだ。まともに相手にすると腹が立つから、こいつのいうことは無視しよう。」

イソップ物語オリのライオンとキツネのお話だ。
元来人間は弱いものいじめが好きなのだろう、何かスキャンダルがあるとあちこちから話を引っ張ってきてその人を叩こうとする。
それが地位のある人なら尚更だ。

母親が不貞行為で逮捕された事が報道されたAKB高橋みなみさんも一部から猛烈な非難を浴びていた様に記憶している。

日頃輝く人ほど「キツネ」が多く寄ってくる様だ。

本人に非がない場合はライオンの
様に振舞えばよい。
だが明らかに自らに非がある場合はそうはいくまい。

23日夜、カーター米国防副長官と森本敏防衛相との電話協議において先日事故が報道された垂直離着陸輸送機オスプレイの配備について「予定通り進めたい」という申し出がなされた事が報じられた。

非難の声が出るのは当然だ。
それに対して「ライオン」のような態度を取られては困る。

大飯原発、電気料金引き上げなど、何かと見切り発車的な決定が目立つ。
オスプレイの配置に関してはしっかりと地元に対する説明責任を果たして欲しい。
AD