読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・薄口コラム

こっちが本物(笑)アメブロでやっている薄口コラムから本格移行します。



社会人3〜5年目が思う若手にとって身につけるべき重要スキルは「おばちゃんを攻略する」こと

ニュースサイトでも雑誌でも本でもそうですが、それが利益を目的としている以上、大前提としてそこで扱われるコンテンツは、読者にとって目を惹きつける真新しい切り口であるものと、読み手が読みたいものになってしまいます。
ありきたりな事では目に止まらず読んでもらえないし、読者を馬鹿にしたり、読者が落胆するようなコンテンツを掲載すればファンが離れます。
メディアが扱うニュースでは取り上げることのできない、①目を引くような斬新な切り口ではないけれど役に立つことで、②それは読者の期待を削ぐものであるという情報が確実にかなり多く存在しています。

僕の周りは、社会に出て2〜5年目の人が溢れています。
業種も企業の規模もバラバラ。
ここ最近、社会に出てから気づいた大切なスキルをこうした友達に聞くことにはまっています。
で、企業の規模も業種も性別も越えて出てくる共通の「必須スキル」があります。
それは、「おばちゃんを攻略しろ!」です(笑)
雑誌とかでみる新社会人にとっての必須スキル特集とかだと、ロジカルシンキングとか、問題解決思考などの思考ツール系、或いはマナーや服装といったことを頻繁に目にします。
また社会人経験が長いおじさんたちに新人で大切なことを聞くと、3年は続ける忍耐力とか、コツコツ続ける持久力といった言葉が出てきます。
しかしながら実際に新入社員の時期を経て、3年目〜5年目にさしかかろうとする人たちが言う大切なスキルは、ロジカルシンキングみたいなかっこいい武器でも、体育会系の根性論でもなく、「おばちゃんを攻略する」ということです。
ここで言うおばちゃんとは、パートで長く働いている女性のこと。
おばちゃんに嫌われた時のネガティブな噂の感染力や、職場での過ごしづらさ、そして気を使うことの大変さなど、おばちゃんに嫌われるとどんなに大変かという「具体的な事例」も沢山耳にしましたが、それ以上におばちゃんたちの仕事の速さや、仲良くなった時のいろいろ手伝ってくれる心強さを強調する人が多いです。

おそらくニュースサイトや雑誌では、若手社員の本音といって、「おばちゃんを攻略する!」なんて特集間違っても扱わないと思います。
「若手社員社員が感じる、入社して身につけた方がいい知識は『おばちゃんと仲良くする』こと」なんて書いても間違えなく想定する読者(=意識が高くやる気に満ちた新入社員や大学生)にとって、全く刺さらないから。
そして何よりお金にならない(笑)
ロジカルシンキングやマナー講座なら、その後に関連する書籍やセミナーの紹介ができますが、「おばちゃんとうまくやる」というのは、記事として取り上げた後にマネタイズできません。
そして読者としても、ロジカルシンキングみたいな「なんかかっこいい」ものならば読んで満足感が得られますが、実際はそれが本当に重要なスキルで有ったとしても、おばちゃん云々の話なんか読みたくないと思います。
で、結局こういった本当の「ホンネ」みたいな部分は雑誌やニュースサイトには出てこない。
現在、この辺りの「ホンネ」をまとめてブログのコンテンツにしようかなあと画策しています。
まだまだ話を聞いている母数が少ないので、これからたくさんの人に聞いてみなければいけないのですが、今の様子だと、雑誌などに載っているものとは全く違う「ホンネ」が並びそうなきがします。
イエノミへようこそ!〜20代が語る会社に関する本音トーク〜みたいな感じでまとめようかと思っています。
結構面白いんじゃないかなあと。。
また、形になったら読んでやって下さい。

アイキャッチは挑発的な絵が特徴の「3年目」本