新・薄口コラム

こっちが本物(笑)アメブロでやっている薄口コラムから本格移行します。



iPhoneとAndroidを比べる事が無意味な理由

よくニュース記事をみていると、AndroidOSがiOSを圧倒しているという話を見かけます。

これ、いつも凄く疑問に思ってます。

 

なぜならばそもそもモデルが全く違い、もともと比較できるものじゃないと思うから。

 

GoogleにとってのAndroidOSとAppleにとってのiOSって、全く立ち位置が違うんですよね。

 

Googleにとって、AndroidOSは取り敢えず入れてもらえばいいソフトウェア。

AndroidOS自体はGoogleのあらゆるサービスに対するバイパスでしかありません。

取り敢えずAndroid使ってくれたら、Googleのサービスに接触しやすくなるでしょ位のもの。

だからOSを無料でスマホメーカー(サムスンとかSONYみたいに、ハードだけ作る会社)に提供しています。

AndroidOSは、広い機種に搭載されることを目的にしているんですよね。

 

 

対してAppleにとってのiOSは、あくまで自社のiPhoneの性能を補完するための役割。

徹頭徹尾こだわり抜いたUIで、iPhoneの性能を支えています。

あくまでもiPhoneのためのOS。

iOSは、iPhoneにのみ使われることを前提で作られています。

 

 

広い機種に搭載されることを戦略としているGoogleと、自社サービス専門に作っているApple

戦略のまるで違う二社を比較しても、あまり意味がありません。

 

ユニクロとオーダーメイドの服屋さんを同じ土俵で比べる感じ(笑)

これ、全く意味がないですよね。

 

 

AndroidOSとiOSでは、収益を得ている場所もまるで違います。

 

AndroidOSは、それ自体から収益をあげようとはしていない。

あくまでそこを通じてGoogleのサービスを利用してもらい、そこでの広告収入を目的に作られています。

Googleって何やってるかわかりづらくなってますが、一応広告会社ですし。。。

 

一方AppleはあくまでiPhoneというスマホの売り上げとiTunesのサービス利用で収益をあげている会社です。

収益はあくまでハードだより。

だからAppleにとっては、iOSが広く使われることではなく、iPhoneがいかに使われるかが大切になるわけです。

 

そりゃいろんな機種に搭載されて広く使われることを目的としているAndroidOSと、自社のサービス専門に作られたiOSの普及率を比較したら、AndroidOSに軍配が上がるのは当たり前。

 

事実上2社のOSがほとんどのシェアを占めている現状において、AndroidOSとiOSの搭載台数を比較しようとしたら、iPhoneとそれ以外のスマホ全部っていう比較になってしまうから。

 

ふたつのOSを比較しようとするならば、むしろ自社のスマホにしか搭載していないiOSがAndroidOSにここまで(iOS搭載端末のシェア30%くらいとAndroidOS搭載端末のシェア60%越え)勝負できている凄さに注目すべきだと思います。

 

 

同じように、スマートフォン(ハードの方)のシェア争いもよくニュースになっていますが、あまり意味が無いように思ってしまいます。

やっぱりこれも、サムスンSONYAppleでは、戦略がまるで違うから。。。

 

Appleのサービスについて既存の区分で比較しても、あまり意味がありません。

(GoogleAmazonも同じ)

 

もうその辺の企業は、従来の事業のカテゴリの中で勝負していないように思います。

こういった企業のサービスをみるときは、ひとつひとつのサービスを単体として見るのではなく、他のサービスの関係の中で見る必要があります。

 

巨大な生態系を生み出す企業。

これからはそういった会社が残って行くんじゃないかって思います。