新・薄口コラム

こっちが本物(笑)アメブロでやっている薄口コラムから本格移行します。



女子大生の海老反りジャンプは可愛いか?

例によってアイドルにほとんど興味の無い僕の、思いつきで書いたアイドルネタです。。

この前テレビでももクロを見て、ふと色んなアイドルの人気の理由についてジャンル分けしてみたくなりました。
AKBグループは自分の好みをカスタマイズできて、育てることのできる楽しさ。
人数が多いので、細かなタイプを挙げまくっても、それに該当する人がいて、さらにその子の人気を自分が育てているという気になれる。
リアルなラブプラスみたいな楽しみがあるのではないかと思います。

それに対してPerfumeの売りは、そのダンスのクオリティの高さだと思います。
アイドルがキャラとコンテンツでできているとしたら、Perfumeは2:8くらいでコンテンツ寄りな気がします。
本人たちの仕草の可愛さだとかではなく、コンサートの完成度にファンは惹きつけられるのではないかと思います。
E-girlsとかもそんな感じ。。


さて、ももクロはどうか?
僕の中で岡田斗司夫さんが言っていた「若い女の子が体を酷使してハードなダンスを一生懸命に頑張る姿に感動する」というのが、僕の中で一番しっくりくる説明でした(笑)
正直、「ダンス」としてのクオリティは高くないように思います。
(あくまで舞台をdisっているのではなく、技術としてのクオリティです)
そして、僕らはそこをみているわけじゃない。

たぶん、ももクロを応援する人は、彼女たちの「頑張っている姿」に心惹かれるのだと思います。
それは、海老反りジャンプやプロレス顔負けのハードな演出など、若さあっての強みとなる部分。


冷静にみたら、海老反りジャンプなんて、そんなに美しくないし、まして可愛くないと思うんです。
それでも頑張れと思うのは、そこに「若い女の子があんなにがんばっている」っていうバイアスがかかっているから。
僕たちは、ももクロをみて「若い子たち」が「肉体を酷使」して「頑張っている」姿を見ているのだと思います。


上の三つが揃っていなければ、今のアイドル業界で生きていけなくなります。
若さ・体力・健気な努力が三つ揃ってはじめてももクロの人気はピークになるきがします。
じゃあ、僕らはアイドルの海老反りジャンプを何才まで「若くてかわいいなぁ」と思えるのか?

まず、僕より年上の女の子人がやる全力の海老反りジャンプは見たくない(笑)
女子大生の海老反りジャンプも「頑張っているなあ」の語尾に苦笑いをつけてしまう気がします。
完全に主観ですが、ヒーローチックなコスプレをして全力の海老反りジャンプをしてる姿をみて、僕が可愛いと感じられる最大値はたぶん大学一年生。
ギリ10代な気がします(笑)
(あくまで僕にとっての基準値)

そうするとももクロの人気はここ2・3年がピークなのかなあと思ったり思わなかったり。
「若さ」そのものを商品のウリにするのは、なかなか難しいように思います。