読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・薄口コラム

こっちが本物(笑)アメブロでやっている薄口コラムから本格移行します。



公募推薦やAO入試で落ちる子に抜けている、たった一つの「ある」視点

少しずつ公募推薦やAO入試の募集やそのための説明会が始まってきました。
この時期になると、面接や小論文の相談をチラホラ受けます。
一応僕も塾の看板の元にお仕事をさせていただいている身なので、どうしても立場上教室では言いづらいようなことがあります。
それは当然入試に関しても。。。
ということで、推薦入試やAO入試の戦略について、あまり塾では言わない観点から考えてみたいと思います。
よく、面接や自己推薦書を書く際に、どのようなことを書いたらいいだろうという相談を受けるのですが、僕は大学によって求める人物像が違っているので一概には答えられないといいます。
因みにここでいう「求める人物像」というのは、いわゆる「自主性がある」とか「リーダーシップを持っている」とかいうことではありません。
もっとシビアな、学校側の事情に基づいた「求める生徒像」です。

僕は、大学側が推薦入試やAO入試といった入試形態をとる意図は、大きく2つあると考えています。
一つはより優秀な人材が他校に流れないように囲い込むために設定している場合で、もう一つは最終的に定員割れをしないために人員を確保するために設定している場合です。
前者のロジックで推薦入試やAO入試を行っている大学は、いわゆる人気校。
関東で言えばMARCHクラス以上大学や日東駒専、関西なら関関同立、産近仏龍あたりの大学でしょう。
これらの有名大学は放っておいても一定以上の受験者が来ます。
だから、推薦入試やAO入試で取ろうとする人材は、一般入試ならばより上位の学校に流れてしまうような優秀な生徒か、中国語が出来るとか部活動で優秀な成績を収めたとかの一芸に秀でた生徒さんになるわけです。
それに対して、後者のロジック(一定の定員を取り合えず確保したい学校)で公募推薦やO入試を設定している大学も少なからずあります。
もちろんそんなことを公にいうわけがありませんが、学校が入学者の授業料によってなりたっており、それを管理する入試課というものが設定されている以上、そこに一定のノルマがあり、それを達成したいという方向に当事者が動くのは明らかでしょう。

優秀な人材が欲しいという理由で設置した推薦入試と、一定数の生徒を確保したいという理由で設定した推薦入試とでは、合格基準が異なるのは当然です。
優秀な人が欲しいと考える学校が期待するのは、他生徒よりも明らかに優秀とわかる実績や態度です。
だから、こうした学校を狙うのであれば、学業でお部活動でもプライベートでもいいですが、いかに他の生徒と比べ秀でた結果を残しているかをアピールすることが重要に鳴ってきます。
「部活動でチーム一丸となって頑張りました」みたいなことではなく、「個人で全国大会優勝です」みたいな方が響くはず。
それに対して、一定数の定員を確保したいと思っている学校は少し違います。
こうした学校の入試課の担当者が求めている生徒像を想像してみましょう。
彼らにとって一番避けたいのは、入学させたはいいけれど留年したり退学してしまったりすることです。
そうなると選定の基準には少なからず、「入学したらキチンと授業に出席する」だとか「絶対に学校を止めないだろう」という部分になってくるはず。
先にあげた学校では有効であった個人の著しい成果よりも、この子は卒業まできっと学校に通ってくれるだろうなという安心感が、面接官には響くようになるのです。
こうした意図を汲んだ上で有効な面接でのアピールポイントは、仮に結果がでていなくても何かに取り組んできたという「継続力」や「何事にも努力する」という姿勢です。
優秀な人を求めている学校に対して「努力が~」などといっても何もプラス点にはなりませんし、逆に定員を確保したい学校に対して結果ばかりアピールしても「才能はあるけど辞めるかもしれない不安感が拭えない」とかだったらやはり好印象にはなりえません。
自分が志望する学校がどちらに属していて、そして自分にはその点でアピールし得るポイントがあるのかどうか。
そこを考えることが重要です。
面接や志望動機の書き方において一番重要なことは、相手が求めていることと自分の持っているエピソードにおいて、どの程度弁図的な重なりがあるかを考えることなのです。
そこをせずに自分の言いたいことばかりを伝えても、他と差別化は出来ませんし、100%学校に併せた模範解答をしたところで、やはり差別化にはなりません。
面接の練習や文章に起こしたりする前に、まず自分と学校の接点を探す。
これが非常に重要になってくるのです。

 

アイキャッチは大学入試にロジックを持ち込んだドラゴン桜

 

ドラゴン桜(1) (モーニング KC)

ドラゴン桜(1) (モーニング KC)