新・薄口コラム

こっちが本物(笑)アメブロでやっている薄口コラムから本格移行します。



選ぶお店で分かる男性のイケメン属性と女の子に言われたいタイプ別キラーワード

度々書いているようにイケメン研究がライフワークになりつつある僕ですが(こう書くとよく誤解されるのですが、別に男が好きなわけではありません)、秋口から年始にかけては、イケメンのデートで使うお店についての分析にハマっていました。

イケメンはどんなお店に女の子を連れて行くのだろう。

そんな純粋な興味から、会う友達にアンケートを取っていたのですが、聞いて行くうちに、一定の傾向が見えてきました。

その人の自己分析的な傾向により、選ぶお店にも一定の偏りがあるように思えたのです。

性格に偏りがあるのなら、それぞれのお店を選ぶ傾向が高い人には、言われて嬉しい言葉も近くなってくるはず。

そんな仮説のもと、選ぶお店のタイプと、そのお店を選ぶ男性が言われると嬉しい言葉をセットにしてまとめてみました(笑)

(これ絶対友達が減ると思う...)

 

①名物の逸品があるお店を選ぶ注目タイプ

その店に名物がある、もしくは大将と知り合いだったり特別メニューを知っていたりという基準でお店を選ぶ男性はここに該当します。

女の子に「そのお店を知っている自分」をアピールしたい注目タイプ。

デートに行ってもう一品というタイミングで凄い手の込んだものや珍しいものを頼んだりする場合は十中八九このタイプです。

ここに属する男性は、人と競争して競り勝つことや、人から注目を集めることを好みます。

ノルマ達成や資格試験に全力になれる人が多く、総じて認められたい願望が強かったりします。

そのため、自分の冒険譚を嬉しそうに聞いてくれる女の子を見つけると、ついつい心が動きがち。

①のタイプの人に好かれたかったら、どんどん相手の話に頷いてあげるのがいいでしょう。

キラーワードは「すごいね!」

 

 

②内装や雰囲気で選ぶプロデューサータイプ

料理の味はともかく、お店の雰囲気や盛り付けにやたらとこだわったお店に連れて行ってくれる人はこのプロデューサータイプです。

中身はもちろんだけれど、プロセスや形式にもこだわります。

よく言えば特別な空間を演出してくれる王子様、悪く言えばナルシスト。

サプライズ的なものが好きなのだとしたら、高確率でこのタイプです。

ここに属する男性は自分の演出に感動してくれると喜ぶ傾向があります。

したがって、相手の演出に乗っかって楽しんでいる姿を見せてあげるのが、なによりの男性にとっての胸キュンポイントになることでしょう。

キラーワードは「こんなの初めて!」

 

 

③自慢のコース料理を頼む軍師タイプ

その場の雰囲気で注文するというよりも、あらかじめ決まったものが出てくるお店を選ぶなら、その男性は物事を計画的に動かすのが好きな軍師タイプです。

おそらく日常では連絡がマメで、スケジュール管理が上手い人に多いでしょう。

ここに属する人は、物事が自分の計画どおりに進むことに喜びを感じます。

また、計画通りにことを運びたい完璧主義者。

計画性の高さや、そのスマートさを褒めたり、尊敬の眼差しを向けられるのに弱い傾向があります。

キラーワードは「頼りにしてもいいですか?」

 

 

④食べたことのなさそうな料理を選ぶアーティストタイプ

普段食べないような料理を出すお店を選んでくれる、珍しいお店を沢山知っている。

そういう男性はアーティストタイプに含まれます。

日常生活では蛾が強くてルールすれすれを戦います。

ここにいる人は相手の女の子が知らない世界を見せることに喜びを感じます。

プロデューサータイプのサプライズ好きに似ているところはありますが、プロデューサータイプが驚いてくれた姿に満足するのに対して、アーティストタイプは女の子が知らない世界を見つけてくること自体に喜びを感じます。

周囲との差別化、個性的であることを、望むので。そこを褒められると大体オチます(笑)

キラーワードは「どうしてそんなの知ってるんですか?」

 

ルックスとは関係のない振る舞い方での部分で魅力を上方修正している人のことを、僕は雰囲気イケメン、雰囲気美人と呼んでいます。

男は単純なのでこのタイプ別のキラーワードをかけられると、それだけで魅力が10%くらい付加されます。

「この人は俺のことわかってくれてる」みたいな(笑)

もちろんこれは女性の場合も当てはまると思うので(食事に誘うというサンプルが多くないので断言はできませんが)誰かと食事に行って、その人に気に入られたいと思った場合は、このキラーワードを意識してみて下さい。

 

雰囲気イケメンに関する関連エントリです。よかったらこちらもお願いします!

「恋ダンスのガッキーが可愛すぎる」問題について雰囲気イケメンの五大法則から考えた - 新・薄口コラム

「モテ」の定義とイケメン観察日記~学生時代にモテていたY君が、社会人になって急にモテなくなった理由~ - 新・薄口コラム

マンガで読み解く男女のすれ違い〜少年マンガVS少女マンガ - 新・薄口コラム

 

アイキャッチは恋愛マンガなら俺に任せろ、山田玲司さんの美大戦記アリエネ