読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・薄口コラム

こっちが本物(笑)アメブロでやっている薄口コラムから本格移行します。



人事が思わず読みたくなるESの書き方③志望動機は恋愛と同じで「全部好き」が一番ダメ!

就活関連

「ねえ、私のどこが好き?」
付き合っている彼女さんにこう聞かれのなら「全部だよ」なんて言ったら、顔では喜んでくれるかもしれませんが、内心で「コイツの言葉は薄っぺら」なんて思われるかもしれません。
(当然ノロケて本気で喜ぶ人もいるでしょうが…)
これが友達同士で飲みに行った席での好きな女の子に関する会話の場を想像してください。
「お前〇〇のどこが好きなん?」
友達やよく遊びにいく先輩にこう聞かれて「全部です」なんて答えたら、きっと周囲は「具体的に言えや!」って総突っ込みでしょう。
相手に好きなところはと聞かれて「全部です」と答えるのは、安全で万能な選択肢に見えますが、何も行っていないのと同じ。
波風が立たない分、面接官にも全くささりません。

エントリーシートに書く志望動機にも同じことが言えます。
わが社を選んだ理由は?と聞かれて「全部好きだからです」なんて答えたら、うちの会社にはそこまで本気じゃないんだと取られてしまうことでしょう。
志望動機は、内容が具体的であるほど相手に刺さります。
(もちろんその分、ツッコミも厳しいものになりますが)
友達と恋愛話をしているとき、自分がある人を好きであればある分、その理由を聞かれたら具体的に答えられますよね。
例えば一目ぼれだったら「顔が好み」で説明は終わりですが、同じクラスの子を好きになったのならば、「話しかけてくれたときの笑い顔で好きになった」みたいになるかもしれません。
普段からよく話す子を好きになったのであれば「一緒に話しているときの空気感が好き」や「考え方や趣味が合う」となるかもしれませんし、さらに親しい間柄なら「この前みんなで遊びに行ったときに偶然二人でたくさん話す機会があって…」なんていう、好きになったきっかけのエピソードが出てくるかもしれません。
好きであればあるほど、そのエピソードは具体的になります。
逆に言えば、エピソードが具体的な内容であればあるほど相手に気持ちが伝わるのです。

エントリーシートの志望理由に関しても、何でもかんでも褒めればいいというわけではありません。
女の子に全部好きだよっていったら「コイツ他の女にも同じこと言っているな」と思われるのと同じように、とにかく相手の企業を褒めただけの志望動機では読んだ側の印象にのこりません。
面接官の記憶に残るようにしたかったら、より明確に自分がその企業を志望する理由を答える必要があるのです。

では、どういったことを志望理由として書けばいいのか。
これも、恋愛に置き換えて考えてみます。
女の子に「私のどこが好き?」って聞かれて一番答えちゃいけないのは「おっぱい」と「顔」です(笑)
外見を褒められて悪い気はしないでしょう(ただしおっぱいは別)が、自分のことを好きな理由が外見だけだと言われたら、たいていの人がいい気分はしないはずです。
企業において外見に該当するものがブランドや給料です。
(ちなみに顔がブランドでおっぱいが給料)
もちろん、志望する「一因」としてそれらを挙げるのは全く問題ないでしょう。
しかし、それが志望する最大の動機であるというのはちょっとまずい。
言われた側としては「そんな表面的なところしか見てないわけね」となってしまいます。
では、志望動機にはどういうことを書けばいいのか。
最初の「私のどこが好き」という質問に戻りますが、彼女さんにこう聞かれたとき、僕が思うベストな解答は「一緒にいると楽しい」です。
「他の人はどうかしらないけれど、少なくとも自分にとっては一緒にいると楽しいんだ」というように、自分と相手の共通項が好きだというのが、言われた側にとって一番嬉しいのではないでしょうか。
志望動機もこのスタンスで書くのがオススメです。
「私はこういうタイプの人間だから、この企業の〇〇な所が合っていると思う。」というような切り口。
で、自分の性格と企業の共通項のところを明確にする。
こうすることで、「全部好き!」みたいな記憶に残らないありきたりな志望動機から、はっきりと相手の印象に残る志望動機になるのです。

 

アイキャッチはあちゅうさんの「真夜中にシュークリーム」

 

 

 

真夜中にシュークリーム

真夜中にシュークリーム

 

 

 

 

関連記事です、よかったらご覧下さい

「就活で面接官が読みたくなるエントリーシートの書き方」

就活で面接官が読みたくなるエントリーシートの書き方①「アピールする」とは何か?考える

就活で面接官が読みたくなるエントリーシートの書き方②アピールとは「いろんな要素を捨てる」こと

就活で面接官が読みたくなるエントリーシートの書き方③プロの文とアマチュアの文の違い

就活で面接官が読みたくなるエントリーシートの書き方④メンタルをロジックで切らない

就活で面接官が読みたくなるエントリーシートの書き方⑤情報の詰まった文章の書き方

就活で面接官が読みたくなるエントリーシートの書き方⑥読みやすい文章のポイント

 

 

「就活で面接官が読みたくなるエントリーシートの書き方」(更新中!)

人事が思わず読みたくなるESの書き方①物書きは絶対に「言いたいことを初めに書け」と書いてある就活本を買わない

人事が思わず読みたくなるESの書き方②冴えないネタを企画力で光らせる

人事が思わず読みたくなるESの書き方③志望動機は恋愛と同じで「全部好き」が一番ダメ!

人事が思わず読みたくなるESの書き方④「あなたの強み」という言葉には「弊社にとって役立つ」という意味がある事に気づけるか?

人事が思わず読みたくなるESの書き方⑤だからあなたのアピールは鼻につく