新・薄口コラム

こっちが本物(笑)アメブロでやっている薄口コラムから本格移行します。



旅芸人のための指南書

僕には(控えめに言って)素行のよろしくない幼なじみがいて、彼と遊ぶことで、いろいろな「知識」を教えてもらいました。 自動販売機からジュースを抜き取る「知識」とか、自転車の鍵を外して盗む「知識」とか、原付を鍵なしてパクる「知識」とかetc... もち…

鬼束ちひろ「私とワルツを」考察〜とても深い女性の優しさを描き切った歌〜

あるときから突然風貌が変わったり、Twitterで「和田アキ子死ね」のような奇声を発して度々話題になる鬼束ちひろさん。僕は風貌や声質が変わる前からずっと、当然変わったあともファンとして追いかけています。ただ、個人的に歌として隙なのはやっぱり初期の…

面白い人になるためのコミュニティ論

いつも同じメンバーで集まって、いつも同じ話題で盛り上がっている。 しかもその話題が往往に高校時代や大学時代の思い出の再確認だったりする。 僕はこういうグループの集まりが非常に苦手です。 「時」の止まった話の中で連帯感を深めることに満足している…

人前で「おちんちん」を出せるか論争!?~人を惹きつける人のマインドセット~

僕は人前で「おちんちん」を出せる人(女性の場合はおっぱいを揉ませられる人)には2種類いると思っています。一つは人前に出る再には、半ば別人格とも言える自分のキャラクターを作って、「そのキャラだからできる」というキャラクター性に任せて「おちんち…

コミュニケーションの大きな武器になる「ワーディングセンス」とその4分類

先日僕の所属するNPOの代表さんに言われた「ワーディング」ということば。最近やたらとこの言葉にはまっています(笑)アイデアの凄さや思考の深さではなく、純粋なセンテンスとしてのセンスのよさ。案外意識している人が少ないと思うのですが、このセンスっ…

美術館に行く理由は美術館に通う自分が好きだから?

「美術館に行く人って、美術館に行く自分が好きなんじゃないの?」この前東京に行ったとき、友達にこう言われました(笑)僕はときどき美術館に行くのですが、こう聞かれるまで自分がなぜ美術館が好きなのかということを、特に考えたことはありませんでした…

雰囲気イケメン・雰囲気美人になるための5大メソッド〜ガハハハハって笑ってはいけない

誤解を恐れずあえていえば、やっぱり僕はイケメンが好きだし、美人さんが大好きです(笑) もちろんここで言うのはルックス的なイケメン・美人ではなく、雰囲気イケメンや雰囲気美人のこと。 彼らをみていると、本当に勉強になるところが多いのです。 雰囲気イ…

積極的に流されるという生き方

「何が好きなの?」「何になりたいの?」 進路指導のときに、とかく「その子の夢」に重きをおく先生や親御さんがいるのですが、僕はそんなに夢って重要なの?と思ってしまいます。 もちろん、僕は「夢を持つな」などと言いたいわけではありません。 夢を追い…

読まれる文章の書き方を、広めたくないからあえてつまらないタイトルで書いてみる

もともと本を読むことが好きなので、シミルボンさん(https://shimirubon.jp)でちょくちょく書評を書いています。 このブログは書きたいことを好きなように書いて、マーケティングなどほとんど意識していないのですが、折角シミルボンさんは本のサイトとテー…

カリスマは、近しい人を不幸にする。

「カリスマは近くにいる人を不幸にする。」 僕のライフワークは「天才を作ること」で、そのためのサンプルとしてカリスマ性を持つ人たちの話をよく聞きます。 また、イベントを立ち上げたり、一緒に活動をしたりということも少なくありません。 その度に感じ…

「密集した文化」を楽しむという観光資源がアツいんじゃないかというお話

密集していると文化が生まれ、文化がある地域はそれがコンテンツとなり人を集める。 ここ最近、僕が考えているコミュニティ論、コンテンツ論です。 きっかけはNPOのお仕事で東京に行ったこと。 これは東京に行くたびに思うことなのですが、1つ1つの都心部…

社会人は皆知っている読ませるエントリーシートの作り方⑥話のデキは「ネタ×調理×出し方」

今回はエントリーシートの書き方ではなく、面接のときのポイントについてまとめて行きたいと思います。中学生・高校生の子たち、あるいは職場やプライベートで学生の人たちと話をしていると、「もっとこうやって話せば言いたいことが伝わるのになあ」と思う…

月3万アクセスになるまでの超具体的なやり方を振り返ってみた

ここ最近結構いろいろな方面の方々から同じタイミングでブログのアクセス数の話が出て来たので、調子に乗って、僕もアクセス数について開示してみたいと思います。 そもそもこの「薄口コラム」というブログは、テーマを揃えているわけでもなければ、何か目的…

社会人は皆知っている読ませるエントリーシートの作り方⑤自己PRで必要なのは「信用」の創出度合い

仕事でも何でもそうですが、何かを行う上で「信用」というのが非常に大事になってくるように思います。何かやりたいこと、あるいは欲しいものがあったとして、それがお金で手に入る機械は、実はそれほど多くありません。もちろん売っているものであればお金…

母への想いを託した曲~宇多田ヒカル「真夏の通り雨」考察~

宇多田ヒカルさんが活動再開後に最初に発表したシングル曲の「真夏の通り雨」。僕にとってこの曲は、彼女の楽曲の中で最も印象に残っている作品です。「真夏の通り雨」を披露するため、NEWS ZEROに登場した宇多田ヒカルさん。彼女の髪型が母親の藤圭子さんに…

社会人は皆知っている読ませるエントリーシートの作り方④素人の「情熱大陸」は誰も見たくない

エントリーシートの自己PRに関して、僕はよく「一般人の情熱大陸なんて誰も見ないという」話をします。例えば、みなさんはそこら辺にいるくたびれた会社員が自分で「これは凄い!」と思っている部分をディレクションしたドキュメンタリー番組に興味がある…

テスト前日にとりあえず7割理解したい人向けの古典敬語の対策

高校古典において学生を悩ませる2大悪、それが助動詞と敬語です(笑) 毎年この2つに関しては「わからへん!」と頻繁に相談を受けます。 特に助動詞は丸暗記で乗り切ることができても、敬語はお手上げという人が多い様子。 特にその敬語が「誰から誰へ」使…

社会人は皆知っている読ませるエントリーシートの作り方③自己分析は〇〇だけを意識しろ!

推薦入試を受ける子に頼まれて、僕はよく面接や志望理由の自己分析のお手伝いをします。なぜその学校をしぼうしているのか?自分はどんな人なのか?などなど。。。志望理由を書くことのお手伝いをする場合に、僕は生徒さんにとっての「自分では気付いてはい…

社会人は皆知っている読ませるエントリーシートの作り方②あなたと同じ役職は全国に5万人います

「ナンバーワンにならなくてもいい元々特別なオンリーワン」「オンリーワンを目指す」という価値観は、SMAPがこう歌って以降、学校の教科書にも乗るくらいにメジャーな価値観になりました。僕は基本的に勉強や学校でやるスポーツみたいな、限られた分野で必…

成績を伸ばす努力をする前に、成績を下げる習慣をなくせというお話

私大入試の結果が、少しずつ出てきています。今年も関関同立、産近佛龍を初め多くの学校の合格を勝ち取ってくれています。子どもたちの勉強姿を見ていて、やはり勉強を通して実力を挙げて、希望通りの大学に合格できる子は、一定の共通項があるなあと感じま…

トレジャーハント、してますか?

年明けから受験のため怒涛の授業ラッシュでした。 で、先週末にひと段落ついたので、この数日は東京へ行ったり、大学時代の友達に会ったりと、フラフラしています。 授業ばかりで話のネタが切れてしまったので、おもろいネタをインプットをしています。 僕は…

2017年龍谷大学一般入試2/1「戴恩記」現代語訳

今年度入試で出題された、古文の現代語訳速報です。仕事の合間に急いで訳しているので、細かな違い(時に大きな読み間違えがあるかもしれません..)はご了承下さい。また、あくまで話の筋を追うことを第一に訳しています。そのため、文法事項や敬語はあえて…

伊勢物語は雰囲気イケメンのガイドブックだと思う(前編)

池澤夏樹さんの個人編集で作られた日本文学全集。 これに思い惹かれて、久しぶりに伊勢物語を読み返しています。 もちろん歌物語ですから、原文のままの良さはあるのですが、現代を生きる作家が、今の言葉で語る、その言の葉に、原作とはまた違う良さを感じ…

やりたい事をして金を稼ぐという「経験」

以前ツイッターでつぶやきながら考えたマネタイズと価値に関するお話です。 好きなことで生きていこうとすれば、好きなことがどうやったらお金になるかを考えることが必要。 で、お金にしようと考えるなら、どの層にどのようにアピールしたら価値を認識して…

社会人は皆知っている読ませるエントリーシートの作り方①面接官と学生の視点のズレ

今年も就職活動の解禁日が近づいてきました。そもそも僕は正規の「就職」という形をとっておらず、著者適正がないことは分かっているのですが、それでも「書くこと」に関しては何かしら役に立つコンテンツを作ることができるのではないかと思い、毎年自己PR…

2017年佛教大学一般入試A日程2/3「撰集抄」現代語訳

今年度入試で出題された、古文の現代語訳速報です。仕事の合間に急いで訳しているので、細かな違い(時に大きな読み間違えがあるかもしれません..)はご了承下さい。また、あくまで話の筋を追うことを第一に訳しています。そのため、文法事項や敬語はあえて…

信用を集める装置としてのクラウドファンディング

年末から年始にかけて、クラウドファンディングに関して面白い話をたくさん聞いたので、僕なり考えをまとめてみました。 (最近古典の現代語訳ばかり書いていたので、久しぶりに書きたいネタでやや分量が大目です 笑) ここ最近、個人で事業を起こしている人…

2017年佛教大学一般入試A日程2/2「大和物語」現代語訳

今年度入試で出題された、古文の現代語訳速報です。仕事の合間に急いで訳しているので、細かな違い(時に大きな読み間違えがあるかもしれません..)はご了承下さい。また、あくまで話の筋を追うことを第一に訳しています。そのため、文法事項や敬語はあえて…

2017年京都産業大学一般入試「今昔物語集」現代語訳

今年度入試で出題された、古文の現代語訳速報です。仕事の合間に急いで訳しているので、細かな違い(時に大きな読み間違えがあるかもしれません..)はご了承下さい。また、あくまで話の筋を追うことを第一に訳しています。そのため、文法事項や敬語はあえて…

非喫煙者は喫煙者の「お前はいない」という態度にムカついている

「路上禁煙区域」で吸う人の論理|日経ビジネスオンライン 江戸川区日台親善議員連盟会長、前江戸川区議会議員の田中けん氏に聞く http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/interview/15/238739/020100231/ タバコに関していつも思うことなのですが、大多数の人…

2017年関西大学2月1日入試「紫式部日記」現代語訳

今年度入試で出題された、古文の現代語訳速報です。 仕事の合間に急いで訳しているので、細かな違い(時に大きな読み間違えがあるかもしれません..)はご了承下さい。 また、あくまで話の筋を追うことを第一に訳しています。 そのため、文法事項や敬語はあえ…

「忙しさ」の異文化理解〜仕事型の忙しさと研究型の忙しさ〜

入試が近づくと毎年そうなのですが、ここ最近、問題研究に追われています。 特に今年は受験生が異様に多いので、(ありがたいことに)寝ても覚めても問題の事を考えているみたいな感じです。 この前夢に光源氏が出てきました(笑) で、問題研究をしていて、「研…

2017年京都産業大学一般入試本居宣長「紫文要領」現代語訳

今年度入試で出題された、古文の現代語訳速報です。 仕事の合間に急いで訳しているので、細かな違い(時に大きな読み間違えがあるかもしれません..)はご了承下さい。 また、あくまで話の筋を追うことを第一に訳しています。 そのため、文法事項や敬語はあえ…

2017年京都産業大学一般入試「十訓抄」現代語訳

今年度の入試問題の全訳を徐々にアップしていこうと思います。 内容の背景を捉えることを第一目標としているので、直訳とは若干異なるところがありますが、ご了承下さい。(かなり急いだので、大分雑になってしまいました。。。)順次、他の大学、他の日程も…

Google翻訳のカメラ機能は、Twitterでイジる以上の価値がある

朝起きたら、google翻訳の画像翻訳機能が出てきて、久しぶりにこれは凄いと思いました。サービス内容は専用のアプリをダウンロードして起動すると、それをかざすだけで自動に翻訳されるというもの。「GATSBY FACIAL PAPER→ギャツビー顔の紙」や「With Rose H…

「美味しい」会話の作り方

「今日は全然しゃべらないんですね」半年前くらいに知り合いの方とご飯に行ったときにこんなことを言われました。イベントで知り合って、気があったのでその後改めてのみに行ったのですが、初めて会ったときの僕と、2度目にあったときとで、全然印象が違った…

2010年京都産業大学一般前期1月30日日野名子「竹むきが記」現代語訳

赤本に全訳が載っていないので、全訳を作ってみました。内容の背景を捉えることを第一目標としているので、直訳とは若干異なるところがありますが、ご了承下さい。(かなり急いだので、大分雑になってしまいました。。。)順次赤本に全訳が載っていない古典…

塾講師の差別化とレバレッジの掛け方

コンサルタントでも塾講師でもそうですが、この手の職業の差別化は、突き詰めると持っている知識とノウハウによるものに尽きると考えています。 コンサルタントであれば、それまでの成功経験やマーケットの分析情報、そして各種分析ツールやアイデアなどなど…

テクノロジーが発達した社会で必要になるスキル

世の中のあらゆる「仕事」(勉強や家事なども含めます)には瞬間の判断が必要な仕事と、まとまった時間が必要な仕事の2種類があると考えています。 瞬間の判断が必要な仕事とは、人とのコミュニケーションが必要であったり、素早く成果物を出すことが求めら…

「対話:制作:研究」の比率で考える仕事区分と、理想の仕事の見つけ方

僕はある人がどのような仕事をしているのかに関して、次のような区分で考えています。 様々な仕事の特性を「対話」「制作」「研究」の3つの要素に分けて、それぞれの割合で考えるというもの。たとえば、すでに売るべき商品が明確に決まっていて、新規のお客…

2007年京都産業大学一般AS2月3日「更級日記」現代語訳

赤本に全訳が載っていないので、全訳を作ってみました。 僕が結構好きな和歌のやりとりが収録されている入試問題です。内容の背景を捉えることを第一目標としているので、直訳とは若干異なるところがありますが、ご了承下さい。(とくに敬語に関しては、話の…

トレンディエンジェルと銀シャリに学ぶ、就活で必要な「キャラ」という能力

面白い会話とは、相手との共通の話題にどれだけ自分のエッセンスを散りばめるかである。 これが僕の持論です。 話し相手と一緒に盛り上がることのできる話題を持っていて、その上で話しながらそこに自分だけが持っている知識や経験の引き出しをお互いに開け…

汚部屋美人はなぜ直らない!?子供に部屋を片付けさせる方法とスマホバキバキ問題について

例えば、吐き出したばかりの唾を吸い戻してくれと言われて、躊躇わずに出来る人は殆どいないと思います。 僕はこの「吐き出した唾は汚い」問題には、色々な物事を説明する真理があると考えています。 「口の中にある唾は汚いとは思わないのに、それを吐き出…

2015年京都産業大学一般前期1月28日井原西鶴「日本永代蔵」現代語訳

赤本に全訳が載っていないので、全訳を作ってみました。内容の背景を捉えることを第一目標としているので、直訳とは若干異なるところがありますが、ご了承下さい。(とくに敬語に関しては、話の筋を理解しやすくするためにあえて無視している箇所が多くあり…

2010年京都産業大学一般前期2月4日「蜻蛉日記」現代語訳

赤本に全訳が載っていないので、全訳を作ってみました。内容の背景を捉えることを第一目標としているので、直訳とは若干異なるところがありますが、ご了承下さい。(とくに敬語に関しては、話の筋を理解しやすくするためにあえて無視している箇所が多くあり…

就活に蔓延する「やりがい至上主義」と面白い大人たちの「判断基準」

年末年始に色々な人と飲んでいて、色々な人の仕事論を聞く機会があって、「向いている仕事」に関して今の僕の大きな関心事の1つになっています。 色々な人の仕事感がびっくりするくらいに違って面白かったのです。 ざっくりわかると以下のような感じ。 ①や…

2009年京都産業大学一般前期「大和物語」現代語訳

赤本に全訳が載っていないので、全訳を作ってみました。内容の背景を捉えることを第一目標としているので、直訳とは若干異なるところがありますが、ご了承下さい。(とくに敬語に関しては、話の筋を理解しやすくするためにあえて無視している箇所が多くあり…

2014年龍谷大学一般「とばずがたり」現代語訳

赤本に全訳が載っていないので、全訳を作ってみました。内容の背景を捉えることを第一目標としているので、直訳とは若干異なるところがありますが、ご了承下さい。(とくに敬語に関しては、話の筋を理解しやすくするためにあえて無視している箇所が多くあり…

だからあなたが誘われる!?マルチ商法に誘われ易い人の特徴とはまらない方法

昨年のクリスマスに知り合いの子とご飯を食べていたら、「最近マルチの勧誘を受けてるんです」という話になりました。そういうお誘いがよくあるのだけれど断るのは申し訳ないとのこと。僕は以前先輩に誘われて、面白そうだったのでコミュニティ研究の一環と…

選ぶお店で分かる男性のイケメン属性と女の子に言われたいタイプ別キラーワード

度々書いているようにイケメン研究がライフワークになりつつある僕ですが(こう書くとよく誤解されるのですが、別に男が好きなわけではありません)、秋口から年始にかけては、イケメンのデートで使うお店についての分析にハマっていました。 イケメンはどんな…